下関市の自己破産と弁護士・司法書士、借金の相談

下関市在住の人がお金や借金の悩み相談をするならコチラ!

借金の利子が高い

借金の額が多くなりすぎて返済が苦しい…。
債務整理をして、借金の苦しみから解放されたい…。
もしそう思うなら、できる限り早く弁護士や司法書士に相談しましょう。
司法書士や弁護士が探してくれる解決策で、毎月の返済が減額したり、督促がSTOPしたり、などといういろいろなメリットを受けられる可能性があります。
今ではネットで無料相談を受け付けてくれる法律事務所・法務事務所も複数あります。
ここではその中で、下関市にも対応している、お勧めの法律事務所や法務事務所を紹介しています。
また、下関市の地元の法務事務所や法律事務所もいくつかピックアップしているので、そちらも参考にしてください。
借金の問題は、一人だけではなかなか解決できません。
司法書士・弁護士の知識・知恵を借りて、解決の道を探しましょう!

下関市に住んでいる方が自己破産・借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

下関市の多重債務・借金返済の悩み相談なら、ココがおすすめ。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心です。
弁護士料金の支払いは、分割払いにも対応しています。
弁護士への相談料はもちろん0円!
借金の督促をストップすることもできます。
任意整理、過払い金、個人再生、自己破産、など、債務の問題について相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話料無料)で相談受付してくれるので、借金返済で悩んでいる人も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、過払いや借金の悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分に合った方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円、戻ってきた過払い金から費用を支払えます。
任意整理でも、和解成功報酬や減額報酬などは一切取らないため、安く解決することができます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人でも安心して相談できます。
まずは無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

下関市の人が借金・債務整理の相談をするなら、まずこれもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットでできる診断ツールです。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にピッタリです。
しかも、無料で、匿名で利用できます☆
全国に対応のサービスなので、下関市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名&無料で利用できる!
  • 全国に対応!
あなたの債務・借金の悩み、匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の診断・相談を。



弁護士へ相談前の注意



他の下関市周辺の弁護士・司法書士の事務所を紹介

下関市には他にも法務事務所や法律事務所があります。参考にしてみてください。


●中原範雄司法書士事務所
山口県下関市細江新町3-45
083-232-8131

●鈴木法律事務所
山口県下関市幸町7-7 スカイマンション下関幸町2階
083-250-6200
http://t-suzuki.blogspot.com

●ラグーン(弁護士法人)若松法律事務所
山口県下関市南部町2-7
083-234-1436

●ラグーン法律事務所
山口県下関市南部町20-20
083-234-1400
http://lagoon-saimu.jp

●伊藤文昭司法書士事務所
山口県下関市壇之浦町2-2
083-223-5413

●宅野司法書士事務所
山口県下関市武久町1丁目24-30
083-252-0188

●松浦司法書士事務所
山口県下関市長門町7-14 北坂ビル 2F
083-233-3307

●楠木司法書士事務所
山口県下関市貴船町2丁目3-31
083-231-5628

●松岡司法書士事務所
山口県下関市宮田町2丁目6-18
083-235-3081

●板淵法律事務所
山口県下関市山の口町1-11 福永ビル 2F
083-234-2400
http://itabuchi.com

●山元浩法律事務所
山口県下関市竹崎町4丁目4-2
083-222-7001
http://hiroshiben.com

●あおば合同事務所 下関事務所(司法書士法人)
山口県下関市大和町1丁目2-8
083-267-3131

●山口県弁護士会下関地区会
山口県下関市向洋町1丁目5-1
083-232-0406
http://yamaguchikenben.or.jp

●八田郁夫司法書士事務所
山口県下関市彦島江の浦町1丁目7-10
083-266-2409

●中野法律事務所
山口県下関市竹崎町4丁目1-22 ポレストーネ竹崎ビル 4F
083-232-7050

●御手洗正明司法書士事務所
山口県下関市貴船町3丁目1-24
083-222-1657

●島田法律事務所
山口県下関市観音崎町12-10 太陽生命下関ビル5階
083-250-7881
http://shimada-law.com

●島谷誠仁司法書士事務所
山口県下関市細江新町3-45
083-233-7483

●下関法律相談センター
山口県下関市向洋町1丁目5-1
0570-064-490
http://nichibenren.or.jp

●秋山正行法律事務所
山口県下関市田中町7-6
083-232-1321

地元下関市の司法書士・弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談などの方が、心理的に相談しやすいのではないでしょうか。

下関市在住で多重債務、なぜこうなった

借金があまりにも増えてしまうと、自分だけで完済するのは困難な状態になってしまいます。
コッチで借り、アッチでも借り、多重債務で借入金がどんどん増えていくと、もう金利を払うのですら苦しい…。
一人で返そうと思っても、どうにもならないことはどうにもなりません。
親や親類などに頼れるならまだいいのですが、もう結婚していて、旦那さんや奥さんに内緒にしておきたい、という状況なら、より困ることでしょう。
そんな状況ならやっぱり、弁護士・司法書士に頼るしかありません。
借金・お金の問題を解決するための知恵や方法をひねりだしてくれるでしょう。
月ごとに返すお金を減らしてもらい、長期で返済したり、過払金を返してもらって、返済金額を減らしてもらったり、などです。
どうしようもない状態なら司法書士や弁護士に相談してみませんか。

下関市/任意整理のデメリットとは?|自己破産

借入の返金をするのが難しくなったときはできるだけ早く対策しましょう。
放って置くともっと金利は増していくし、問題解消は一段と困難になるだろうと予想されます。
借入の返済が難しくなった場合は債務整理がしばしば行われるが、任意整理も又よく選ばれるやり方の1つです。
任意整理のときは、自己破産の様に大事な資産をなくす必要がなく、借入れの減額が可能なのです。
又職業や資格の制約も有りません。
長所の沢山な手法とは言えるのですが、逆にハンデもありますから、ハンデにおいてももう1度考慮していきましょう。
任意整理のデメリットとしてですが、先ず借入が全くなくなるというのではないことは理解しておきましょう。
減額をされた借り入れはおよそ3年ぐらいの期間で完済をめどにするから、がっちり返済計画を目論んでおく必要があります。
あと、任意整理は裁判所を通過し債権者と直接話合いを行うことが可能なのだが、法の認識が無い素人では上手に折衝ができないときもあります。
さらには欠点としては、任意整理したときはそのデータが信用情報に掲載される事になるので、世にいうブラックリストというような情況になるでしょう。
その結果任意整理をしたあとは約5年〜7年程の間は新規に借り入れを行ったり、カードを新規に造る事は出来ないでしょう。

下関市|個人再生の手続きは、弁護士がいい?司法書士がいい?/自己破産

個人再生を行う際には、弁護士・司法書士にお願いする事が可能なのです。
まず、司法書士に個人再生の手続きを委ねたとき、書類作成代理人として手続を代わりに実施していただく事が出来ます。
手続きを行う際には、専門的な書類をつくってから裁判所に出す事になるのですけれども、この手続を全て任せることができますので、ややこしい手続きをおこなう必要が無いのです。
しかし、司法書士の場合は、手続きの代行をおこなう事は出来るのだが、代理人じゃ無いから裁判所に行った時には本人のかわりに裁判官に受け答えをすることができないのです。
手続きを実行する上で、裁判官からの質問をされる際、自身で回答しなければいけないのです。
一方、弁護士の場合は、書類の代行手続きだけじゃなく、裁判所に出向いたときには本人の代わりに回答を行っていただくことが可能なのです。
弁護士は、個人再生をはじめとする債務整理手続きに慣れている状況になりますので、質問にも適格に受け答えをする事が可能なので手続きがスムーズに進められる様になります。
司法書士でも手続きを進める事はできるのですが、個人再生においては面倒を感じる様な事なく手続きを行いたい際には、弁護士に任せる方が安堵できるでしょう。