草津市の自己破産と弁護士・司法書士、借金の相談

草津市在住の方が借金・債務整理の相談するなら?

借金返済の相談

借金の金額が多すぎて返済が苦しい…。
債務整理して、借金の苦しみから解き放たれたい…。
もしそう考えているなら、できる限り早く司法書士や弁護士に相談しましょう。
弁護士や司法書士が提案してくれる解決策で、返済金額が減ったり、督促が止まったり、等といういろんなメリットを受けられる可能性があります。
今ではインターネットで無料相談を受け付けてくれる法務事務所・法律事務所も数多くあります。
ここでは、それらの中で草津市にも対応している、オススメの所を紹介しています。
また、草津市の地元の法務事務所・法律事務所も載せているので、それらも参考にしてみてください。
借金問題は、1人だけで解決するのは難しいものです。
弁護士・司法書士の知識や知恵を借りて、解決への糸口を探しましょう!

借金や自己破産の相談を草津市の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

草津市の借金返済や債務解決の相談なら、ココがおススメです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している法律事務所。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心です。
代金の支払は、分割払いでもOK。
相談料金ももちろん無料!
借金督促のストップもできます。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、借金の問題について無料で相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(通話料金無料)で相談受付してくれるので、お金に困っている方も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、借金悩みが相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に合った方法で多重債務・借金の問題を解決していきます。
また、過払い請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から料金を精算できます。
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などを一切取らないため、安く解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方でも安心です。
まずはお気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

草津市に住んでいる方が債務整理・借金の相談をするなら、まずこれもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネット上の借金の診断ツール。
とても簡単な3つの質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にピッタリです。
しかも匿名&無料で使えます☆
全国対応しているサービスなので、草津市在住の方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料&匿名で使える!
  • 全国に対応!
借金解決のための第一歩として、無料診断ツール、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断と相談を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の草津市近くにある法律事務所・法務事務所を紹介

他にも草津市には複数の司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●優司法書士法人
滋賀県草津市野路1丁目8-18
077-516-0331
http://you-office.com

●司法書士法人F&Partners
滋賀県草津市大路1丁目1-1
077-566-4567
http://256.co.jp

●湖南司法書士事務所
滋賀県草津市 東矢倉3-35-32
077-566-4880
http://konanjimusyo.com

●あけぼの法律事務所
滋賀県草津市野路1丁目4-16 MNK-3ビル5階502号
077-599-0604
http://akebono-law.net

●草津法律事務所
滋賀県草津市西大路町3-8 ジュモオネティ 2F
077-516-1681
http://kusatsu-law.jp

●草津駅前法律事務所
滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階
077-565-8955
http://kusatsu-ekimae.jp

●横江孚彦司法書士事務所
滋賀県草津市草津3丁目13-70
077-562-1279

●弁護士法人 田中彰寿法律事務所 草津事務所
滋賀県草津市野村2丁目10-16
077-561-0321
http://kusatsu.tanaka-law.net

●山田保造司法書士事務所
滋賀県草津市草津2丁目15-2
077-562-0953

●柏木司法書士事務所
滋賀県草津市青地町1254-1
077-567-5538

●かつき司法書士事務所
滋賀県草津市 草津3丁目 14番44号木村ビル3F
077-566-0534
http://office-katsuki.jp

●田中司法書士事務所
滋賀県草津市橋岡町45-3
077-566-0660

●加藤・若代司法書士事務所
滋賀県草津市平井2丁目1-30 ハウスソレイユ 3F
077-565-1553

草津市にある地元の弁護士・司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気負わずに相談できるのではないでしょうか。

借金問題に草津市に住んでいて参っている状態

消費者金融やクレジットカード業者等からの借入れ金で困っているなら、きっと高額な金利に悩んでいるでしょう。
借金をしてしまったのは自分ですので、自己責任だからしょうがないでしょう。
ですが、複数のクレジットカード会社や消費者金融からお金を借りていると、額が多くなって、とてもじゃないけど返済するのは難しくなってしまいます。
月ごとの返済金では金利しか返せていない、というような状況の方もいると思います。
ここまで来ると、自分ひとりで借金を完済するのはほぼ不可能と言っていいでしょう。
借金を清算するために、司法書士や弁護士に相談するべきです。
どのようにしたら今ある借金を全部返せるか、借金を減らせるのか、過払い金はないのか、等、司法書士や弁護士の知恵・知識をかしてもらいましょう。
お金の問題の解決は、相談することが始めの一歩です。

草津市/債務整理のデメリットって?|自己破産

債務整理にも色んな手段があり、任意で貸金業者と協議する任意整理と、裁判所を介す法的整理である自己破産若しくは個人再生等々のジャンルがあります。
じゃこれらの手続きにつき債務整理のデメリットという点があるのでしょうか。
これらの三つの方法に同じようにいえる債務整理デメリットは、信用情報にその手続を進めた事実が載る事ですね。世にいうブラック・リストというような状態になります。
そしたら、おおよそ5年〜7年ほど、カードが作れなくなったりまたは借入ができない状態になるでしょう。とはいえ、貴方は返金に悩み苦しんでこれ等の手続きを行う訳なので、暫くは借入しない方が良いでしょう。じゃローンカードに依存し過ぎている方は、むしろ借入れができなくなることで救われるのじゃないかと思います。
次に個人再生、自己破産の債務整理の欠点ですが、官報にこの手続を行った事が記載されてしまうことが上げられるでしょう。とはいえ、あなたは官報等見た事がありますか。逆に、「官報とは何?」といった方のほうが多数じゃないでしょうか。
実は、官報は国が作るする新聞みたいなものですけれど、金融業者等の極一定の人しか見ないのです。ですので、「破産の実態が御近所の方々に広まった」等という事はまずもってありません。
最後に、破産独特の債務整理の不利な点ですが、1度破産すると7年間は二度と破産はできません。そこは十二分に注意して、2度と破産しなくてもいいようにしましょう。

草津市|自己破産のリスクとはどんなものか/自己破産

はっきり言えば世の中で言われるほど自己破産のリスクは多くないです。土地や高価な車やマイホーム等高値の物件は処分されますが、生活していくうえで要るものは処分されません。
また20万円以下の蓄えも持っていても大丈夫です。それと当面数箇月分の生活に必要な費用が百万円未満なら持っていかれる事は無いでしょう。
官報に破産者のリストとして載るがこれも極わずかな方しか見てないでしょう。
又いわゆるブラックリストに載ってしまって七年間ほどはローンもしくはキャッシングが使用不可能な状態となるのですが、これは仕方無いことでしょう。
あと定められた職につけなくなるという事があるでしょう。けれどこれも極一定の限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返すことができない借金を抱え込んでいるなら自己破産を進めるというのもひとつの手段です。自己破産を実行した場合これまでの借金がゼロになり、新しい人生を始めると言うことでよい点の方がより多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士や弁護士や司法書士や公認会計士等の資格は取り消されます。私法上の資格制限として保証人、後見人、遺言執行者にもなれません。又会社の取締役などにもなれないでしょう。だけれどもこれらのリスクは余り関係ない時が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物ではない筈です。